落ち込む

    甲状腺の治療

    甲状腺の病気は、あまり聞き慣れないこともあって、正しく理解されていないことがあります。まず、個々人で症状の現れ...

    Readmore
    有名な医師

    似た治療法

    甲状腺の治療を行っている病院が数多くあり、症状によっては入院することが必要な病気でもあります。そこで、この病気...

    Readmore
    落胆する

    甲状腺の役割

    「甲状腺」とは、のど仏の下にある臓器です。通常、健康な状態では触っても分かりません。この臓器は、生命維持に必要...

    Readmore
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

疾患の検査

yamai 3

甲状腺疾患は、実はありふれた疾患でとても多いです。
もっとも多いのは、甲状腺機能低下症、橋本病といわれることもあります。
症状は、全身倦怠感、足のむくみなどです。
一方、その逆が、甲状腺機能亢進症、別名でバセドウ病とかグレイブス病と言われることもあります。
症状は、動悸、発汗、体重減少が主なものですが、病状が高度だと、眼球突出も現れてきます。
これらの検査は、病院で受けることができます。
採血にて、甲状腺ホルモンなどを調べることでわかります。
甲状腺ホルモンが低ければ、甲状腺機能低下症、高ければ機能亢進症ということになります。
他に、原因となる自己抗体をしらべます。
また、首の超音波検査で甲状腺の血流や、腫瘍の有無を調べます。
治療は、機能低下症であれば、ホルモン剤、一般にチラーヂンと言われるものを飲みます。
機能亢進症であれば、ホルモンを押さえる薬、例えば、メルカゾールなどといわれる薬を内服します。
手術で一部を摘出したり、核医学に対応できる病院であれば、放射性同位元素を投与する方法もあります。
超音波検査で腫瘍があれば、針でさす細胞診断や組織診断を行います。
悪性であれば治療方法としては主として手術による摘出が選択されます。

疾患の治療法

甲状腺とは、内分泌器官の一種です。
頚部の全面に位置しています。
人間の甲状腺は重さが20g程度で、上下方向に4cmほどの長さがあります。
形はちょうど蝶が羽を広げているような形です。
主に甲状腺ホルモンや、カルシトニンといったホルモンの分泌を行っています。
甲状腺に起きる症状としては、機能亢進症や機能低下症等があります。
機能亢進症とは、甲状腺ホルモンの分泌が正常時よりも活発になって、それによって様々な影響が出るという症状です。
主な自覚症状としては、発汗や体重減少、暑さに耐えられなくなる等があります。
これらは、エネルギー消費が亢進される事が原因で起こります。
機能低下症とは、機能亢進症とは逆に甲状腺ホルモンの分泌が減少する事によって、様々な影響が出るという症状になります。
主な自覚症状としては、全身の倦怠感や無力感、皮膚の乾燥や便秘等が挙げられます。
上記のような症状が出た場合には、病院で治療を受ける事が大切になります。
診察を受ける際には、内分泌科を受診するのが良いです。
しかし、近くに甲状腺科を備えた病院がある場合には、そちらを受診するのも良いです。
病院を受診すると、血液検査や触診、超音波検査等が行われます。
治療方法に関しては、起きている症状によって変わってきます。
機能亢進症の場合にはホルモンの分泌を抑制する薬の投与や、必要に応じて手術を行う場合があります。
また、機能低下症の場合には、ホルモンの投与が行われる場合が多いです。

オススメリンク

落ち込む

甲状腺の治療

甲状腺の病気は、あまり聞き慣れないこともあって、正しく理解されていないことがあります。
まず、個々人で症状の現れ方が違い、初期症状は曖昧です。
不治の病ではなく、症状が発症しても病院へ通院し、自宅で薬を服用し治療する方Read more

関連リンク